考え方を変えて幸せになる1

考え方を変えて幸せになる1

幸せを感じられていない人の考え方として「自分と誰かを比べてしまう」ことが挙げられる。自己肯定感が低い人ともいえる。周囲から見れば悪い結果ではなく、むしろ良い結果を出しているように見えていても、当の本人はいつも他の誰かと比べて、自分の方が劣っていると考えてしまう。これでは、どれだけ努力をしても結果を出しても満足感が得られず、幸せを感じる事ができない。
私たちは、他人の評価や視線から逃げることができない。何をするにしても優劣をつけられてしまう世の中である。自分の価値を見出すために、他人と比較して物事を考えてしまうのは脳の正常な機能の一つだそうだ。比較する事が習慣化してしまうと、自己肯定感が低くなってしまう恐れがある。しかし、誰もがユニークな存在で、異なる才能の持ち主である。正確に比較することなど不可能であるため、他人と自分を比べることに本来意味はないのである。
もしこのような事で悩んでいるのであれば考え方を変えてみると良い。「他人と自分を比べる」のではなく「過去の自分と今の自分を比べる」という考え方である。時間とともに成長する自分に目を向けるようにし、自身の進歩に注意を向けてみる。毎日少しずつ成長することを目指し、そうした成長を自分のモチベーションに出来るかもしれない。

関連記事一覧