商品のライフサイクル

商品のライフサイクル

商品・製品のライフサイクルとは、商品が市場に出回ってから撤退していくまでに通るプロセスとことである。一般にこのプロセスとは、導入期、成長期、成熟期、衰退期の4つに区分される。
商品が初めて市場に登場する導入期は、商品の認知度や知名度の低さにより売上がそこまで伸びない傾向がある。宣伝広告費などに力を入れるため多くの場合赤字になってしまう。時間の経過とともに、認知度が高まってきた成長期では、市場からの需要が増え始め売上が急速に伸びる傾向にある。この時期には他の企業も参入してくるため競合が起こり、商品価格も下がってくる。商品が市場に浸透すると成熟期となり売り上げの伸びが緩やかになってくる。安定して利益が出せる一方それ以上の成長は見込めない。時間の経過とともに市場のニーズが変化してくる衰退期には、売上が減少してくる。より魅力的な新商品と世代交代する時期とも言える。商品のライフサイクルの理論を正しく理解し、活用することができれば製品やサービスの売り上げを伸ばすことが出来る。その時期にあった売り込みの方法を考えることが重要である。

関連記事一覧