右脳と左脳の役割

右脳と左脳の役割

右脳と左脳で見た目に大きな違いはなく概ね左右対象であるが、機能面では大きな違いがある。多くの場合、左脳は言語や計算など論理的な思考を行い、右脳は絵画や音楽など芸術的な面で働くとされる。一般的に言語中枢がある側を優位半球と言い、無い方を劣位半球と言う。優位半球は発生の段階で決まっており、右利きの人が多いことから多くの場合左脳にあることが多いとされている。優位半球の前頭葉前半部は、思考や感情、理性、自発性などを司っており、ここに障害が起こると無感情になったり、幼児のような態度になったりすることが知られている。また、優位半球の前頭葉の下方と側頭葉の上部には言語中枢があり、人が日常的に行なっている会話を司っている。前者をブローカー野、後者をウェルニッケ野という。ブローカー野は言語活動の運動面に働き、損傷されると言語の理解はできるが声を発せなくなるなどの症状が現れる。一方、ウェルニッケ野においては言語を理解する場所であり、損傷すると相手が話している言葉の意味が分からなくなってしまい、当然自分も何を話しているのか分からなくなってしまう。運動機能の中枢は右脳にも左脳にも存在し、右脳は左半身を、左脳は右半身を運動させる役割を担っている。このような左右の交叉は視覚や温痛覚、触圧覚にも存在し、延髄の錐体にある錐体交叉で入れ替わることが知られている。

関連記事一覧