マンダラシートについて

マンダラシートについて

「マンダラシート」とは、3×3の9マスの枠で構成されるフレームワークのことを指す。非常にシンプルなので応用の幅が広く、事業計画やアイデア書き出し、スケジュール作成などあらゆる場面で活躍する。「マンダラート」や「マンダラチャート」などと呼ばれることもある。
使用方法も非常にわかりやすい。基本的な使い方は、9マスの真ん中に核となるテーマを入れて周囲のマスに関連事項を当てはめていくだけである。例えば、ある商品の開発をするために記入する。真ん中に「開発する商品」を記し、周囲のマスにそれを開発するために必要な要素(対象、コンセプト、社会のニーズなど)を入れていく。この後は、各項目に詳細を入れていく。対象であれば、狙う年齢層や生活層を具体的に書き込んでいく(誰向けなのか、商品価格は安く設定するのか高く設定するのかなど)。全てのマスに記入していくと、ここからどのようなプロセスを踏んで開発していくかという方向性がひと目でわかるようになる。

関連記事一覧