セールス(営業)の定義

セールス(営業)の定義

法律の世界では営利性があって、継続性がある事業のことを「営業」としている。営業を行う主体は個人でも法人でもどちらでなければという制限は無い。大抵セールスが苦手と感じている人は、「セールス=売り込み」と考えている。これでは義務感が生まれ上手くいかないセールスの本質は「売り込むこと」ではなく、お客様に「買ってもらうこと」である。買ってもらえる営業マンになることができれば、ノンストレスで営業をすることが出来る。
営業の目的と経営理念は同じ方向性を持たなければ意味がない。そもそも営業とは企業の目標を達成するための手段として存在するものだからである。また、営業目的は社員のモチベーションを向上させるものとしても効果的である。営業目的や営利目標があることによって、営業する社員は会社内での存在意義や仕事に対するやりがいを感じることが出来る。モチベーションが高くなれば、業績も良くなり会社に貢献しているという実感も湧いてくる。

関連記事一覧