コミュニケーションのタイプ

コミュニケーションのタイプ

人との関わりの中で欠かすことのできないものとしてコミュニケーションがある。今も昔も社会で生きる上でコミュニケーション能力が大切だと多くの場面で言われてきた。これは今後も言われ続けるのだろう。人によってはコミュニケーションを取るのが苦手だと感じている人もいる。これは人それぞれコミュニケーションのタイプが異なるからである。会話の中で特徴的に差が見えるのは「感情表現」と「自己主張」のそれぞれの強弱だと考えられ、この二つの軸によってコミュニケーションのタイプは大きく4つに分けることが出来る。①感覚派(感情表現:強、自己主張:強)、②現実派(感情表現:強、自己主張:弱)、③協調派(感情表現:弱、自己主張:強)、④思考派(感情表現:弱、自己主張:弱)の4つが挙げられる。①の人はアイデアを大切にし、人と活気あることをするのを好む傾向があり楽観的である。②の人は積極的に行動し自分の感情のままに物事を進めるため、リーダー気質があるとされる。③の人は他人と協力関係にあることを好み、人間関係を上手く気づくことが出来る。④の人は几帳面で、行動の一つ一つを分析するため、マイペースに見られることが多い。
自分がどのタイプなのかを見極めることで、どのようにコミュニケーションをとるのが良いのか考えることが大切である。

関連記事一覧